アーユルヴェーダサロン ゆう

お問い合わせ・ご予約 090-8432-8498

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは

サンスクリット語で、Ayus(アーユス:生命)とVada(ヴェーダ:科学)という複合語で 「生命の科学」「長寿の知恵」と意味されています。 西洋医学が「病気の治療」に重点を置いているのに対して、アーユルヴェーダは「生まれてから死に至るまで、いかに健康で幸福に過ごすか」と言う事を目的とした「病気にならない様々な生活法」という予防医学と心の健康までをも考えています。

アーユルヴェーダで言う病気とは、自分の持つ体質=エネルギーバランスが崩れ、体内に余分な毒素(アーマ)が溜まっているからと考えます。

健康で心も快適に過ごすためには、この毒素(アーマ)を排出し、本来の体質に戻すことが大切です。
ハーブオイルを使ったトリートメントは、そのための方法の1つとなります。

体も心も美しく

体(ボディ)心(マインド)精神(スピリッツ)は、繋がっていると考えられているアーユルヴェーダでは、外側からのケアはもちろんのこと、内臓や心の面へのいたわりも大切に考えています。 体内に溜めこんでしまった毒素(アーマ)を排出し、生命エネルギーである「オージャス」を増やすことによって、肌そのものだてでなく、その人の印象など美しく輝かせていきます。
つまり、アーユルヴェーダは、健康で若々しく人生を楽しく過ごすための知恵=アンチエイジングとも言え、自然治癒力を高めるとも言われています。

薬効成分が凝縮されたハーブオイルを使用

本場アーユルヴェーダ医師の監修のハーブ

トリートメントに使用するオイルは、その方の体質に合わせたハーブオイルを使用します。 特に筋肉や関節を中心に擦り込んでいく事で、体内に吸収され、トリートメントが終わった後もその薬効成分が続くと言われています。
アーユルヴェーダ医師の監修のハーブオイルです。

アーユルヴェーダの体質論

5大元素

アーユルヴェーダの基本には、その人本来の個性を決める元となる「体質論」があります。
宇宙にあるすべての物質は、5大元素(地・水・火・空・風)から構成されていると考えられており、これらの主に2つずつが対になり、組み合わせで3つに分かれます。

3つの体質

人間の体にもこの3つの要素が存在します。この3つの要素(ヴァータ、ピッタ、カパ)を一人一人異なったバランスで持って生まれてきます。それが、その人独自の体質になります。
その体質論を元に、様々な生活法の中で自分に合ったものを選べるのです。
まずは、自分の事を知り、現在の体と心の状態を考えてみる事が大切です。

ヴァ-タ体質

体内エネルギー 空・風(循環のエネルギー)
性質 冷・軽・動・速・不規則
身体的特徴 スリム、背が高いか低い、乾燥肌、スタミナがない
性格 好奇心旺盛、活発、想像力豊か
バランスの良い時 創造性豊か、情熱的、直感力、楽観的、寛大、繊細、頭脳明晰
起こりやすい病気 冷え性、頭痛、腰痛、肩こり、座骨神経痛、心疾患 顔面麻痺、大腸疾患、便秘、痛風、精神病

ピッタ体質

体内エネルギー 火・水(消化のエネルギー)
性質 熱・鋭・軽・液・微油性
身体的特徴 中肉中背、ほくろやニキビが多い、空腹感が強い
性格 情熱的、知的、リーダーシップ、勇気がある
バランスの良い時 勇気がある、集中力がある、誠実知性的、食欲旺盛、頭の回転が速い
起こりやすい病気 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、肝臓疾患、膵臓疾患 胆石、アトピー性皮膚炎、心臓病、アルコール中毒

カパ体質

体内エネルギー 水・地(結合のエネルギー)
性質 冷・重・油・遅・安定性
身体的特徴 骨格がしっかり、もち肌、持久力がある
性格 穏やか、献身的、辛抱強い
バランスの良い時 思いやりがある、集中力がある、愛情豊か、母性的、忍耐力、安定性、記憶力大、体力大
起こりやすい病気 気管支炎喘息、糖尿病、アレルギー性鼻炎、花粉症 関節炎、腫瘍、腹部疾患、泌尿器疾患、粘液性疾患
  • アーユルヴェーダ メニュー
  • アーユルヴェーダスクール
  • アーユルヴェーダ サロン ゆう ブログ
  • ご予約
  • 妊婦さん向け! マタニティケア